ソープで働くときの注意点

まずは風俗の代表格であり、一番金銭的に条件が良いソープのお話からしたいと思います。
求人を募集する風俗店も多い業種のひとつです。
風俗にはそれこそ色々なジャンルがありますが、ソープにしかない特徴があります。
それは、お客さんが挿入を前提としてやってくる風俗だということです。
その他の風俗では挿入をすることを禁止されています。
これは法律的なものも含めて色々問題があるのですが難しいので割愛します。
とにかく、ソープでおこなわれるサーピスは法律的に挿入を認めているサービスなのです。
そして、挿入を認めているだけあって、一番お給料が良い風俗になります。

基本的には、風俗全般、サービスの流れは同じと考えて問題ないと思います。
お客さんに会って、服を脱ぎ、服を脱がし、シャワーを浴びて、湯船でイチャイチャしてから、マットプレイやベッドプレイにはいっていきます。
最後はもういちどシャワーで汗や体液を洗い流してさようならです。
このプレイの部分でお店やジャンルは差別化されていると考えてください。
ソープでのサーピスは基本的に普通のエッチをすると思ってもらえば大丈夫でしょう。
普通に前戯をして、挿入して、時間や体力があればもう1回。
もちろん、お客さんによっては風俗嬢特有のテクニックを楽しみにしてくる人もいますが、逆に風俗慣れしていない素人っぽい女の子が好きという人もいます。
また、ソープは挿入できる安心感もあり、とにかくイチャイチャと恋人同士のような時間を楽しみたいというガツガツしていないお客さんが多い傾向もあります。

注意したいのは生挿入です。
生は妊娠もそうだし病気に罹る可能性があります。
しかし、お店によっては生でも大丈夫ということを売りにしている場合があります。
これは先ほどもお話したニーズに繋がってきます。
生挿入が好きなお客さんは、生挿入できるお店を選ぶということです。

しかしながら、禁止なのに、無理矢理なんとか生挿入しようと頑張ってくるお客さんもいます。
もうこれは、お店的にNGであることを伝えるか、とっととコンドームを被せてしまうか、一気にやる気をなくした様子を見せるか、それくらいしか対処法がありません。
怖い態度取られたらどうしようと不安になるかもしれませんが、お店でのプレイということもあり、お客さんはそこまで強気に出てくることはないので、安心してください。

また、働き過ぎて膣が痛くなることがあります。
これもまたコンドームの種類などで調節し、対処していきましょう。