風俗求人と業界に関する犯罪について

風俗で働く人、そうでない人でも女性であればいつ誰から性犯罪を受けるかわからない。そのため風俗求人への応募を考えている方は是非確認しておいてもらいたい。

性犯罪には、強制わいせつ罪、強姦罪、公然わいせつ罪、児童買春禁止法違反罪等や、各都道府県条例で処罰の対象として条例が制定されている痴漢行為や盗撮行為、18歳未満の児童との淫行等がある。性犯罪を犯した人は実名公表になり、「性犯罪者」という烙印を押され、行政処分も行われて人生はもうお終いです。

主な犯罪の言い分は以下。
容疑是認
 「幼い子にわいせつなことをする趣味があった」
 「ムラムラしてやってしまった」
 「仕事のストレスから若い子を求めた」
容疑否認
 「合意だった」
 「ホテルへ行ったが話をしただけ」
 「侵入したが乱暴するつもりはなかった」
反省
 「申し訳ないことをした」
 「子供や家族に大変申し訳ない」
 「とんでもないことをした」

容疑を容認しているのは性欲やストレスといった自分の意志とは別の「衝動的」なことを要因として上げ、否認であっても自分の勝手な思い込みであることが多い。これらでは到底被害者も受け入れられませんし、法的にも厳しく処罰されるのは当たり前ですよね。
性犯罪者の言い分でよく見かける「同意だった」というのは容疑者の言い分であって、「同意」というのは相手と意を同じくしていないの「同意」にはならないです。本当に同意であれば強姦罪や強制わいせつ罪は親告罪にあたるため罪には問われません。

これらの事件の大本というか、「こんなことしても女性は嫌がらない。嬉しいに決まっている。」と思い込んでしまう原因にAVの影響があると思います。今のAVはレイプものや女子高生やロリや盗撮ものなど、実際にやれば当たり前に犯罪となるジャンルが普通に流通している。これは鑑賞者側も「見たい」というニーズがあるので今も新作が生み出され売れているわけですが、鑑賞者の心のどこかには「そうしたい」という欲望があるはずなんです。性的衝動を抑えるというか、ある意味発散させるためにAVを見ているというのも理由にある。AVが男性のそのような欲求を代わりに満たしてくれているわけですが、ごく一部の人がフィクションと現実を間違って認識し犯罪をおかしてしまっているようです。確かに最近のAVは非常にリアルにできていますし、映像機材等もすぐに手に入るし、やりたいことはいつでもできてしまう環境にはあります。
しかしそこはフィクションと現実をわきまえて行動する他ありません。AVはフィクションであり、そのような欲求はAVの中で済ますというのが大鉄則です。

女性もこのような犯罪に巻き込まれないためにはどうしたらよいか、というのは非常に難しい問題です。男性がターゲットにする女性は自分の欲求を満たすタイプの女性であるので、誰でもあてはまる対抗策は難しいです。ただそういった犯罪に巻き込まれやすい危険地帯に足を踏み入れないとか、男性をムラムラさせない格好をするなどといったことぐらいはできるでしょう。しかし女性ですから、オシャレはしたいものです。そうなればなるべく普段は怪しい男性に近づかないことでしょう。

風俗の仕事をしていると金銭的余裕からブランドを身につけ、日頃から露出が増え、化粧もややキツくなる人が多いです。そういう女性を男性が見ると「金があり、全体的にユルそうだ」とターゲットにされやすいです。また風俗店でサービスした客にストーカー被害を受けるというケースもよく聞きます。どちらかというとキャバクラやガールズバーなどで恋仲と勘違いしてアフターに誘って断られ続けて、恨んでそういった行為をするというケースがよくあります。女の子としてはお客さんとして大切に扱いたいと考えつつも「お客」として線引きしたいという難しいバランスです。男性の方は思い込みやすいので、日頃から「お客さんとしては大切だけど、それ以上はないよ。」と暗示しつづけることも大切でしょう。

身の危険を感じたらすぐ警察へ相談。リスクの高い業界ですが、命に代わるものはありません。自分の身はしっかりと自分で守っていきましょう。そういったことを頭に入れておくと、風俗求人に応募するときも気持ちに余裕を持てますよ。