風俗求人Q&A【リスク】

風俗求人を探す前に知っておきたいリスク

風俗で働きたい!
現在、女性の68人に1人は風俗関係で働いたことがあるという世の中です。

安土桃山時代から始まった遊郭から今に至るまで、日本の風俗の歴史は非常に長いです。
かつては社会的にもあまりいいイメージを持たれず、働く女性も例えば借金を抱えすぎたとか何かしら重たい事情を持った人たちが多い仕事でした。
しかしバブル以後、2000年頃から「肉食女子」という人たちが増えて、風俗で働くということがカジュアルなものへとイメージが変わっていきました。地方から上京してきた大学生が生活費と学費を稼ぐために働くという方も非常に増えてきています。

そこで、風俗の求人事情も変わりつつあります。
その理由の1つに、求人誌や求人サイトが可愛く装飾されるようになったということが上げられるでしょう。
ただし、やはり風俗という仕事は他の一般的な仕事とは異なるリスクがあるということを認識しておかなければなりません。

普通の仕事と比べて精神的ダメージが多い

風俗は、初めて会った男性に対して性的サービスをするのが仕事です。性格も性癖もわからない人といきなりその場で性的接触をするわけなので、精神的に厳しいということはいえるでしょう。誰だって普通はそんなことしたくないはずなので、高い給与が設定されているというわけです。

金銭感覚が狂ってしまう

風俗の仕事は高い給与が前提ですから、得たお金で贅沢をしてしまうということはよくあります。その内歯止めが効かなくなり、お金がいくらあっても足りなくなってしまうということに陥る危険性があります。

一般的な風俗に対するイメージがやはり厳しい

風俗の仕事を選ぶということはそれなりの覚悟が必要になります。わずかな期間であるにせよ、そのイメージは一生自分に付きますので注意が必要です。バレずに生きていく、ということも至難の技になります。

風俗業種を知らずに求人を探す

現在風俗求人はソフトからハードなものまで様々な業種があるので、自分にあった風俗を選ぶということ。自分に求められるものと実行できることに差があれば、やはり自分へのダメージがことが大きくなります。

目標を持つこと

2つ目の「金銭感覚」にも関わってきますが、風俗で働くということを割りきってする必要があります。「〇〇を実現するために今私は風俗で働いている」という認識を持って、目標達成のために働いていることなのだと考えることが大事です。そのような自制心を保たなければ、風俗で働くことによってお金も人生も台無ししてしまう、というような本末転倒に陥る可能性もあります。

以上のように、風俗で働くことは様々なリスクを伴いますが、元々エッチが好きな人にとってはこんなにいい仕事はありません。
自分がこの業界でやっていけるか、働く前に十分な考察をすることを強くオススメします。