男性から見た風俗求人

男性から見た風俗求人

都心や宇都宮など様々な場所にある風俗店で働こうと思っている女性に対し、吉原ソープや池袋デリヘルなど様々な風俗に行った私が思ったことを書こうと思う。
まず風俗と言うとどのようなイメージを持っているだろうか。恐い人が多く人間関係が大変そう、お客も恐い人が多くて接客も大変そう。などマイナスイメージを多く持っている人も多いかもしれない。確かに全国津々浦々様々な場所に、様々な種類の風俗店があるので、どこに行ってもそんな心配はないとは言い難い。しかし求人情報を大々的に出している風俗店などについては、お客が恐い・人間関係が大変そうということはあまり当てはまらないと思う。なぜなら現在はできる限りクリーンでスマートな営業をしていないと、お客もお店で働く女の子も寄り付かなくなる。そしてそれと同様に、長く経営するためには長く通ってくれそうな良質なタイプの常連客を作る必要が出てくるのだ。例えば風俗に興味を持った大学生、先輩に連れてこられた新入社員など若くて中長期的に安定してお金を稼ぎそう、気が弱い・人付き合いが上手いといったお店や女の子と問題を起こしそうにないタイプの人があげられる。

男性が好む風俗嬢

そのためにホームページなども、若い人が気兼ねなく入りやすいように作成されている。
だからこそ一昔前のイメージにあるような、恐いお客が来るというケースは大分少なくなったように感じられるのだ。お客は大学生や新社会人くらいのおとなしく、やさしいタイプの人も多くなりそのような人がそのまま年を取ったような人も多くいる。そのため接客に関しては、必ずしもきっちりとした受け答えやサービスができなくてはいけないという訳ではない。むしろそのようなサービスは苦手で、できなくても一生懸命尽くしてくれる、本当の恋人のようにいちゃいちゃし合えるといった接客が好まれている。そのようなことで不安を感じている人は安心して欲しい。好まれるのは絶妙なテクニックだけでなく、懸命なサービスなのだから。

人間性重視の風俗店

そしてそのようなことの影響から、面接にも多くの女の子が集まりよく求人ページに書かれているような「人間性重視の採用」ができ、自然と性格の良い女の子が集まりやすくなるということだ。
さらにそのようなお店は、お客も多いため女の子は常に働いている場合が多い。良い意味で忙しい環境にある女の子たちにとって、他の女の子に気を遣う暇もないという人も少なくない。そのため当然いじめ・恫喝など同僚の女の子に危害を加えるようなことをするような女の子は少なく、人間関係の面でも決して悪くない環境であるだろう。