風俗求人Q&A【東京の稼げるエリア】

東京の風俗求人の特色

東京の風俗求人をエリア毎に解説

池袋の風俗求人事情

都内でも風俗店の数が最も多いのが池袋です。池袋はデリヘルやソープなど様々な業種の風俗店がありますが、最も多いのがホテヘルになります。このホテヘルが都内でも池袋はトップクラスに存在していて、有名店になると1日に300人近くの利用があります。そもそもホテヘルとはお客さんが一度、受付を訪れ女の子の写真を見て指名します。つまり防犯カメラなどで事前にお客さんの顔を見れるので、知り合いに会うという危険性がありません。池袋の風俗で求人を探すのならホテヘルを選べばまず、間違いありません。

新宿の風俗求人の特徴

新宿といえば眠らない街と呼ばれ、全国的に見ても有数の繁華街でしょう。ホストクラブやキャバクラが多く、風俗のイメージは少ないかもしれません。また、ニュースでもたまに見る、歌舞伎町の風俗店はぼったくりをしているようなグレーなお店ばかりだと感じる方もいるでしょう。しかし、東京オリンピックに向けてその風潮も変わってきています。呼び込みやぼったくりなどを厳しく取り締まる法律が設けられ、悪どいお店は全て取り締まりの対象となりました。なので、以前よりもホワイトな風俗店が多く、求人事情も明確に明記しているところばかりです。風俗のバイトが初めて…そんな方でも新宿なら安心ですね。

渋谷の風俗求人の特徴

若者の街である渋谷は風俗店に在籍する女の子も10代後半から20代前半の若い女の子ばかりです。お店のコンセプトもコスプレやライトサービス(手コキ・オナクラ)などが多く、学生などでも働きやすい風俗が多めです。また、ライトサービスの風俗も多いですが高級デリヘルの件数も都内でトップクラスです。高級デリヘルは採用されるのが大変ですが、合格してしまえばかなりの給料を稼ぐことができます。簡単なサービスでサクッと稼ぐか、高級志向のお店でがっつり稼ぐか、どちらかを選べるのは嬉しいですね。

吉原の風俗求人の特徴

吉原の風俗=ソープと言われるほど、吉原はソープ街として有名です。女性はあまり知らないかもしれませんが、ソープは本番、つまり挿入がありの風俗となります。体に負う負担は大きくなってしまいますが、その分、他の風俗業種と稼げる値段が変わってきます。NO.1の女の子となれば月に300万円は稼げますし、100万円くらいだったら2~3ヶ月でいくでしょう。